在宅ワーカー日記-9歳の男の子がiPhone用のソフトを開発 - 在宅ライターによる主婦のためのネット内職のすすめ

絵本せどりとアフィリエイト最新情報

在宅ワーカー日記-9歳の男の子がiPhone用のソフトを開発

いやいや、天才というのはこういう子のことを言うんでしょうね。

2歳からパソコンをはじめたリムくんって?

このはじめたって言うのは、よくある「キーボードをいたずらしていじった」なんていうレベルとは全然違うわけですよね。

しかも、このソフトを開発したきっかけが、小さな妹達のためだなんて泣かせます。

「できる子」っていうのは、心根もやさしいんですね。

父親もプログラマーで第一線で活躍されているということですから、やはり「親」の影響を受けるんですね〜

うちは?

もっと頑張らないといけません。

 [シンガポール 5日 ロイター] シンガポールの9歳の少年が、米アップル<AAPL.O>の携帯電話端末「iPhone(アイフォーン)」用のアプリケーションを開発した。5日付の現地紙ニューペーパーが伝えた。 4年生のリム・ディン・ウェンくんは、iPhone上で絵を描くことができるソフト「Doodle Kids」を開発、アップルのサイト「iTunes(アイチューンズ)ストア」で2週間で4000回以上ダウンロードされた。 同ソフトは、指先でタッチスクリーンに触れることで絵が描け、端末を振ると画面が白紙に戻るというもの。 6つのプログラミング言語を操り、2歳からコンピューターを使い始めたリムくんは、お絵書き好きな3歳と5歳の妹のためにこのアプリケーションを考えたという。リムくんはこれまでに約20のプログラム開発プロジェクトに携わってきた。 地元IT企業のチーフ・テクノロジー・オフィサー(CTO)である父親もiPhone用のアプリケーションを開発しているという。

シンガポールの9歳少年、IPHONE用のソフトを開発(ロイター)-YAHOO!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090205-00000165-reu-int


今日のラッキーキーワードは、「七人の侍」です。

http://hpylife.net/
主婦が在宅で月20万円稼ぐ方法教えます

2009-02-08 | 東京 ☀ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Copyright © 在宅ライターによる主婦のためのネット内職のすすめ All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
Designed by カエテンクロスSEOテンプレート